スマチューを導入すれば……

こんにちは! かおるんです。
当社が開発した注文管理システム「スマチュー*1*2」の導入メリットについて、しつこいようですがご説明させていただきます。
↑↑↑現在ローンチのステージなのでPR活動に注力しております<m(__)m>

■スマチュー導入のメリット■

1.QRコードで注文が取れる。
飲食店の各テーブルに紙のメニューが設置されてますよね。注文時にメニューを広げて注文後また元に戻す。少し面倒なときはありませんか?
テーブルスペースの一部を占領するので狭くなりませんか?テーブルを掃除するときにメニューが邪魔くさくないですか?

<スマチューを導入すれば・・>
スマチューはメニューレス! 紙のメニューは一切必要ありません。
テーブルにQRコードを置いておく(又は貼っておく)だけでオッケー! あとはお客様自身のスマホで読み込めば注文が取れます。

2.メニュー内容も簡単に変更できる。
飲食店によっては季節ごとにメニュー内容を変更することがありますよね。その都度、紙のメニューを印刷し直すことで時間と経費がかかります。

<スマチューを導入すれば・・>
スマチューのPC管理画面で料理の画像と文字を入力するだけで簡単瞬時にメニュー内容が反映されます。しかも経費もかかりません。

3.店員さんの注文取りが不要。
「注文、お願いします!」と発声してもなかなか店員さんが来ないときがありますよね(もちろん悪気はありませんよ)。
混雑時などは店員さんもフル回転で注文取りしているので結構大変です。また、注文ミスなども少なからずあったりしますよね。

<スマチューを導入すれば・・>
スマチューはお客様が店員さんを呼ばずに自らの操作によって注文するので店員さんの注文取りが不要です。
また注文確定前に確認画面が表示されるので注文ミスが減少します。よって、注文時の効率化が図られます。
さらに4月1日より外国人労働者の受け入れ拡大で雇用した外国人が多少日本語に不慣れでも十分に注文対応が可能です ⇒ と言うか、注文対応は不要で配膳のみとなります。

4.多言語メニューの表示ができる。
かおるんブログ(多言語メニューの必要性)を参照ください。
http://biz-labo.jp/2019/04/07/kaorun-multilingual/

5.瞬時に注文内容が厨房に伝送される。
店員さんが注文内容を厨房に伝えるために慌ただしく店内を動きまわっていますよね。

<スマチューを導入すれば・・>
お客様からの注文内容が約3秒で厨房に設置されているPOSマシンからロール紙に印字されます。よって、よりスピーディーに配膳することができます。

■スマチュー概要のフロー■
(店)QRコードを各テーブルに置く(又は貼る) ⇒ (店)POSマシンを厨房に設置 ⇒ (客)自身のスマホでQRコードを読み込む ⇒ (客)スマホにメニューが表示 ⇒ 
(客)タップして注文を確定 ⇒ (店)注文内容がPOSマシンに伝送 ⇒ (店)POSマシンからロール紙が印字 ⇒ (店)ロール紙を確認し料理を作る ⇒ 
(店)ロール紙とともに料理を配膳 ⇒ (客)食事後ロール紙をレジへ渡す

上記のように、スマチューを導入すれば注文業務のIT化、注文業務のトータル的な効率化を図れ、お客様も使い慣れたスマホで手軽に注文できます。

Take my word for it.

———————————–
*1 スマチューを利用する場合は、飲食店がWi-Fi環境であることが必要です。
*2 アプリのダウンロードは不要です。

こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です